茨城県水戸市にあるてんかんだけを診療しているクリニックです

てんかんと妊娠・出産

  • HOME »
  • てんかんと妊娠・出産

てんかん と妊娠・出産~薬の胎児への影響

抗てんかん薬服用中の妊娠について

  • 一般の女性が障害児を産む率は3%、薬をのんでいる方の場合は9%です。見方を変えれば、9割の方は健康な赤ちゃんを産むことができるわけです。この数字をどう受けとめるかは、患者さんにより様々です。9%とは、治療可能な奇形も含んだ値です(例;軽い奇形は、形成外科で治療可能)。
  • 妊娠中に、急に薬を中止することは、かえって危険です。妊娠中に発作を起こす可能性があるからです。妊娠中に全身けいれんを起こすと、その間、母体の呼吸がとまり、胎児が酸素不足に陥ります。早産の危険も高まります。
  • 妊娠前に、慎重に薬の変更を試みることもあります
    病気の経過がよい場合は、患者さんと医師が相談し、薬の変更を試みることもあります。例えば、薬の種類を変えたり、2種類の薬から1種類に減らしたりします。
    薬の変更は数ヶ月かけてゆっくり行わなくてはなりません。変更が終わった後、9ヵ月くらい発作がないことを確認してから、計画的に妊娠に入ります。薬を変更すると、また発作の起こることもあるので、変更には慎重な判断が必要です。
  • 胎児の奇形を減らすため、葉酸というビタミンを1日4mg以上のむとよいでしょう。

妊娠の前に、薬以外の一般的な危険因子をなくしておこう

(1)妊娠が分かる前からアルコールは避ける

アルコールにさらされると、胎児に発達の遅れが起こりやすくなります。妊娠希望の方は、妊娠が分かる前からアルコールを避けて下さい。

(2)妊娠が分かる前から禁煙を

母体がタバコを吸うと、胎児は酸素不足に陥りやすいです。その結果、流産の危険が高まります。低体重にもなりやすく、心奇形などの先天異常の確率も高まります。
出産を考えている方は、喫煙はやめてください(受動喫煙も同じく危険です)。

(3)妊娠前に、風疹の予防接種を受ける

妊娠早期に、母体が風疹にかかると、胎児が、4分の1の確率で先天性風疹症候群(心奇形,難聴,白内障を主とする重度の障害)になります。妊娠中は予防接種を受けることができませんから、妊娠前に予防接種を受けておいた方がよいでしょう(小さい頃予防接種で作った抗体が、中学生、高校生以上になるとなくなっていることがあるのです)。

(4)妊娠前に産婦人科さんに相談を

妊娠前に、産科を受診して相談すると、胎児に悪影響を与える感染症について(風疹よりずっと頻度の低い感染症についても)、ひととおり調べることができます。産科の先生方も、妊娠前検査を推奨しておられます。

TEL 029-231-0534

PAGETOP