てんかんの相談&治療
ホームへ 水戸クリニックの紹介 脳波計・生化学分析装置 てんかんとは:就職・結婚・妊娠・他 てんかん公費医療 プリンセスミナまんが展 てんかん Q&A

てんかん医療費の公費負担

てんかん 医療費の公費負担

てんかん医療費の公費負担 画像抗てんかん薬をのんでいらっしゃる方は、

自立支援医療費制度により公費で医療費の大部分を負担してもらうことができます。

患者さんの自己負担は、保険と公費負担を併用することにより、“かかった医療費の10%”ですむことになります。
(公費を使わず、保険だけでかかる場合、自己負担割合は、一部の方を除き、“かかった医療費の30%”です)
 ただし、保険がなくなると、同時に公費負担もなくなり、一挙に、自己負担が100%となりますので、ご注意下さい。

申請手続きには、以下の書類を居住地の市町村窓口に提出する必要があります。 
(1)医師の診断書
(2)申請書
(3)保険証の写し(コピー)
(4)市町村民税の課税状況等証明書

当院に受診していて、公費負担をご希望の方には、医師が診断書を作成致しますので、いつでもお申し出ください。

申請が承認されますと、受給者証が交付されます。この受給者証は、受診時に毎回必ずご提示ください。

いったん公費負担申請を出しておけば、一年間有効です。一年後、更新(再認定)手続きが必要になります。

★医薬分業(院外処方箋)の場合には、医師の処方箋を薬局に持参して、薬局で薬を調剤してもらうことになりますが、この調剤に対しても医師が発行した診断書により許可された公費負担が効きます。

★指定医療機関として登録していない 病院 、診療所、薬局では、自立支援医療費受給者証を使うことはできません。

★公費負担についての詳細説明リーフレット(水戸クリニック発行)は、
水戸クリニック通院中の患者さんに差し上げています(無料)。

★公費負担医療費についてのお問い合わせも、水戸クリニックに
通院中の患者さんのみお受けしています。一般の患者さんは、
お住まいの市町村の福祉課に、お尋ねください。

公費負担を申請すると、病名が漏れるのでは?

 診断書を地元の役場窓口に提出すると、“てんかん ”という病名が、地域に知れわたってしまうのではないかと心配される方があります。
  役場の職員は、地域住民の健康問題についての秘密を、無関係の人にもらすようなことは、まず、絶対にないと考えてよいでしょう。なぜなら、無関係の人に病名をもらしたりすると、その職員は、法律により罰せられることになっているからです。

自立支援医療費制度 手続き 画像

★自立支援医療費制度についてわからないところがある方は、
市町村の担当窓口に出向いておたずねください。
診断書及び申込書の提出先も下記です。

★茨城県各市町村・自立支援医療・担当課一覧(H20年.7月)

水戸市 障害福祉課
日立市 障害福祉課
土浦市 障害福祉課
古河市 古河市福祉事務所
石岡市 社会福祉課
結城市 社会福祉課
龍ヶ崎市 社会福祉課
下妻市 福祉事務所・障害福祉課
常総市 社会福祉課
常陸太田市 福祉事務所・社会福祉課
高萩市 社会福祉課
北茨城市 社会福祉課
笠間市 社会福祉課
取手市 障害福祉課
牛久市 社会福祉課
つくば市 障害福祉課
ひたちなか市 社会福祉課
鹿嶋市 生活福祉課
潮来市 介護福祉課
守谷市 社会福祉課
常陸大宮市 福祉課・社会福祉係
那珂市 福祉課・障害者支援係
筑西市 障害福祉課
坂東市 社会福祉課
稲敷市 社会福祉課
かすみがうら市 社会福祉課・障害福祉係
桜川市 福祉事務所・社会福祉課
神栖市 社会福祉課
行方市 社会福祉課
鉾田市 社会福祉課
つくばみらい市 社会福祉課
小美玉市 福祉事務所
茨城町 社会福祉課
大洗町 福祉課・社会福祉係
城里町 常北保健福祉センター
東海村 介護福祉課
大子町 保健センター
美浦村 福祉介護課
阿見町 民生部障害福祉課
河内町 町民課
八千代町 福祉保健課
五霞町 健康福祉課
境町 福祉課
利根町 健康福祉課

※茨城県各福祉事務所・連絡先一覧

★水戸クリニックは、てんかん の診療のみを実施しています
(てんかん 以外の病気の診療は実施しておりません)。

★原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。
茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさることをおすすめします。

▲このページのトップへ
 
ホームクリニックの紹介診療案内脳波検査生活の手引きうつ病、との合併まんが展
掲載内容・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は医療法人向陽会 水戸クリニックに帰属します。
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック