茨城県水戸市にあるてんかんだけを診療しているクリニックです

てんかんと入浴・お風呂

  • HOME »
  • てんかんと入浴・お風呂

てんかんと入浴・お風呂

てんかん患者さんの、
お風呂での入浴死予防を!
家族の方と一緒に入るようにして下さい。

てんかん発作を、お風呂に入浴中に起こして溺死した例があります。発作の時は意識がなくなるわけですから、 こんなことも起こりうるわけです。
中学生や高校生のような大きい子の場合でも、(また、大人の患者さんの場合でも)このようなことが起こり得ますから、お風呂につかるときは、ご家族の方(大人の方)と一緒に入ってください。どうしても一人で入る時は、シャワーのみとして下さい。

質問:てんかん発作(癲癇発作)は、入浴中に起きやすいのですか?

そのとおりです。
一般に、てんかん発作は、緊張しているときには起きにくく、緊張がゆるんだ状態のときに起きやすいのです。ですから、同じ水でも、プールで水泳中に発作が起きることはめったにありません。 なぜなら、水泳中は、お友達とワーワー騒ぎながら、かなり緊張した状態にあるからです。
逆に、誰でも入浴中は、緊張がゆるんだ状態になっていますので、発作が起きやすいのです。

当クリニックの患者さんの中で、プールで水泳中にてんかん発作を起こして死亡した方は1名ですが、 入浴中に発作を起こして死亡したてんかん患者さんは、すでに12名に達しています。 この12名の溺死者数を公表するのは、もちろんこのことから教訓を得ていただきたいと考えるからです。

TEL 029-231-0534

PAGETOP